留学へのロードマップ(旧版)

海外大学院留学に向けて

大学院留学は決して夢物語ではない。着実な準備を通じて到達できる現実である。

このページでは、海外大学院に進学するのに乗り越えるべき各ステップを、理想的なタイムスケジュールとともに簡潔に紹介する。このページを見て、まだ大学院留学が茫漠たる希望にしかすぎない人には、留学が実現できることを実感してほしい。すでに留学準備を始めた人には、今後の出願作業を進める上で一里塚のように活用してほしい。

タイムスケジュール

理想的なタイムスケジュール

まず、大学院留学を現実のものにするためにどの時期に何をすべきか把握しておくのは計画を立てる上での大前提だ。
もちろん上に示したようなタイムスケジュールでなくても留学を実現するのは可能であるが、あくまで時間に余裕を持てるであろう”理想的”なタイムスケジュールだ。
語学スコア・GPA準備出願前年度~出願年度9月ころ
語学スコアは早いうちに取得するのが吉である。出願書類に時間を割きたい時に語学試験対策に時間を取られると歯がゆい思いをすることになる。また、GPAは半年程度勉強を頑張っただけでは向上しないので、留学を視野に入れている人は長期的な観点に立って成績を維持するように努めてほしい。
出願大学決定出願前年度2月頃~出願年度10月頃
進学したい大学を早めに決めておくと、留学準備に取り掛かりやすい。奨学金に出願する際にも志望大学は書かなければならないので、なるべく余裕を持って決めておこう。
奨学金応募出願年度5~10月
各奨学金の募集がはじまる。奨学金ごとに求められる書類・締め切りが違うので、しっかり確認してほしい。
出願書類準備出願年度前年3月頃~出願年度12月頃
出願先大学の決定次第、出願書類の作成に取りかかろう。一朝一夕に完成させられるものではないので、熟慮を重ね、適切な相手に助言をもらうのがよい。
推薦状のお願い:出願年度6~11月頃
大学教員は忙しい。だからこそ、出願直前に推薦状を依頼して相手の心象を悪くしたり、完成が出願に間に合わなかったりすることは絶対に避けたい。どのような内容が望ましく、いつ頃に何通必要になるのかを事前にしっかり伝えておこう。
出願:出願年度8~1月頃
いざ出願。現時点で最高の自分を書類に込めて、大学院に存分にぶつけよう。
合否判明:出願年度12月~翌年度5月頃
大学によって合否判明時期は異なる。皆さんのサクラが咲くことを当プラットフォーム関係者一同祈っている。
渡航準備:翌年度6月頃~
ビザ取得、寮の契約、航空券の購入をはじめ、渡航に向けて必要な作業は山のようにある。大学院留学はもう間近だが、油断は禁物である。
渡航:翌年度8月頃~
大学院留学はスタートにすぎないが、ここまでたどり着いた自信を胸に頑張ろう!

目次

  1. 出願先の選定について
  2. 奨学金応募
  3. Personal Statement
  4. Writing Sample
  5. 研究計画書
  6. 推薦状
  7. TOEFL・IELTS
  8. GRE

出願先の選定について

出願先の大学を決めるにあたって、考えるべきことは4点ほどある。

①:やりたい勉強・研究ができるか(自分の専門分野で実績を残している教授がいるか、そして自分の学びたいことを先生や学生と議論できそうか)。 専門分野に強い大学を選ぶのが大前提!

②:今後のキャリアにどのくらい適しているか(卒業生の進路やインターンの機会、修学年限)

③:滞在地域の文化・住環境が好ましいか(気候や食事が合わなくて精神的に参るのはもったいない!)

④:学費・生活費を払えるか(もちろん給付型奨学金・貸与型奨学金など、資金調達の手段はたくさんある)

出願に至るまでの体験談はこちらから:
アメリカ農業経済学大学院への出願体験記
イギリス修士課程② 志望校の選定基準・出願のスケジュール
国立台湾大学出願体験記(農業経済学)
UCL-IOE大学院出願体験記(イギリス教育学)
はいから的EU圏への片道切符(EU圏物理学)

奨学金応募

海外大学院に進学する場合、特に英語圏では日本で進学するよりも学費や生活費が高くなる傾向にある。
しかし、大学院留学の可否が家庭の余裕で決まるわけではない。返済不要の奨学金を獲得すれば、一般的な家庭の大学生でも海外に進学できる。場合によっては、日本で進学するより費用が抑えられることもあるだろう。
の表では、人文社会科学系を専攻しており、勤務経験のない学部生でも応募できる国内の奨学金を一覧にしてある。採用数や金額、出願時期は奨学金によって大きく変わるので、表を参考にしながらも、各自で奨学金のサイトを確認してほしい。


以下の記事では、奨学金獲得に至るまでの体験談を紹介している:
大学院留学奨学金 面接編

PERSONAL STATEMENT

 Personal statement(PS)とは、自分のこれまでのアカデミックな経歴や学術的な興味・関心、これから研究したい領域についてに記し、自らをアピールする書類である。PSに書くべき内容は出願する大学やコースによって異なることから、何が求められているのかを確認してから執筆する。

 通常は500~2,000wordsで作成し、なぜ自分がこの大学/コースを選んだのかという理由を、これまでの自身の経験や、出願先の大学の強みとフィットすることなど根拠を明らかにして書く。また修士論文で扱いたいテーマについて触れたり、出願者自身が大学院にクラスや研究でどのように貢献できるか、出願する大学院で学ぶことが卒業後の進路や目標を達成する上でどのような貢献を果たすのかを明示する。

一貫性のある良いパーソナルステイトメントを作成するために、様々な人に出願前に読んでもらうなどし、加筆修正を行うことが望ましい。

具体的な記事はこちら:
海外経験のなかった大学生が志望動機書の経歴欄に書いたこと(イギリス人類学)
オックスフォード大学院の出願書類①パーソナルステイトメント編

WRITING SAMPLE

 内容が出願するコースに関連したアカデミックライティングを作成する。ライティングサンプルは、ほとんどのイギリス大学院(修士)では求められないものの、アメリカや一部のイギリスを含むヨーロッパの大学院では、出願時にライティングサンプルが出願書類に指定されることがある。

 ライティングサンプルが求められる場合は、構成・内容・体裁・字数ともに出願予定のコースが求める条件をもれなく満たすようにする。少ない字数のなかで議論を十分に発展させるため、じっくりと時間をかけてリサーチや先行研究の読み込みにあたることが望ましい。卒業論文を執筆した学部生は、内容をよく練って提出することも策である。

具体的な記事はこちら:
イギリス修士課程⑤ ライティング・サンプル

研究計画書

 研究計画書とは、大学院で行いたい研究を簡潔にまとめた書類のことである。語数は一般的に最低1,000語以上で、内容にはリサーチクエスチョン、先行研究の整理、仮説、方法論、予想される結果、研究の意義を含めることが多い。イギリスの修士課程に出願する場合、研究よりもコースワークが中心となるMScでは求められないことが一般的である。逆に、研究が中心となるMPhilでは提出が必要な場合が多い。

 学部生が英語圏の大学院に研究計画書を提出する場合、十分な時間を確保することが特に重要となる。その理由だが、第一に日本語で研究計画書を作った経験がない場合が多いからである。第二に、専攻する分野によっては、日本語と英語圏との研究動向に大きな開きがあり、自分が将来実施したい研究に国際的な文脈を与える作業に時間を要するからである。

具体的な記事はこちら:
イギリス修士課程④ 研究計画書

推薦状について

 推薦書とは、特定の人物が志望大学院に対して出願者を推薦する書類のことである。前提として、推薦状のためには出身・所属大学の教授もしくは所属機関の上司にお願いする必要がある。したがって、推薦状が必要になる時から逆算して1~2ヶ月前に執筆のお願いをするとスムーズである(合格後の報告とお礼も忘れずに!)。以下、推薦状を書いてもらう際に気をつけるべき点について、①推薦状の執筆者の選び方と②推薦状の内容の2点に分けて紹介する。

①推薦状の執筆者の選び方

 執筆者を探す際には、自分のことを長く知っている人物>著名・有力な人物>引き受けてもらえそうな人物の順に依頼するのが一番よい。なぜなら、出願者について詳しく書いてある推薦状はより説得的であり、推薦者に出願者の長所を詳しく書いてもらうには、長期にわたる人間関係が前提となるからである。

 推薦状の執筆をお願いする際には、時間の余裕を十分に持って戦略的に行動することが大切である。具体的には、将来推薦状をお願いできそうな教員の講義を履修するように普段から注意し、実際に出願を決めてからは、推薦をお願いする可能性のある相手を全て洗い出し、候補を絞ったら早めに相談することを勧めたい。時間の余裕が必要な理由は、推薦状の執筆者を複数名探す必要があったり、依頼する段階になってトラブルが発生したりするからである。いざ推薦者に依頼する時になって連絡が取れなくなったり、自力で原稿を執筆するように言われることは時々起こる。(事実、筆者は推薦状を依頼する大本命の相手だったゼミの担当教授が健康上の理由で休職してしまったので、他の方を探すのに苦労しました…)

②推薦状の内容

 推薦状を依頼する際には、字数や使用言語、署名、レターヘッド(所属機関のロゴが入った文書)などに関する形式上の注意事項を伝えるだけでなく、内容に含めてほしい事柄も伝えるべきである。具体例としては、出願する大学・学部、成績、過去の研究業績、人格上の長所、学外活動の成果である。場合によっては、レポートや卒業論文の評価における相対的順位を含めてもらうのも有効だろう。ただし、推薦状を最終的に執筆するのは推薦者その人なので、推薦状や内容に関してはよく相談するのが大事である。

推薦状に含めるべき内容を把握するのに、こちらの記事を参考としておすすめしたい。

さらに実際の例として以下の記事を参照してほしい。
アメリカ農業経済学大学院への出願体験記(番外編:出願書類の詳細)

TOEFL・IELTS

 英語を用いる大学院に出願する場合、語学試験のTOEFL(iBT)もしくはIELTSの受験がほぼ必須となる。大学院留学に最低限必要となる点数の目安は、TOEFL(iBT)なら85点、IELTSならOverall 6.5程度である。逆に、TOEFL(iBT)なら110点、IELTSならOverall 7.5を取ればほぼ全ての大学院の出願要件を満たすことができる。一般的に、語学試験で必要な点数は非英語圏より英語圏の方が高く、社会科学では経済学よりその他の分野の方が高くなる。

 試験形式に関しては、TOEFLでは基本的にiBTを受験することになるが、IELTSではPaper-basedとComputer-basedの2種類から選べる。IELTSはもともとPaper-basedの試験のみだったが、日本では2019年3月からComputer-basedの試験が導入されている。いずれの形式でもスピーキング試験ではネイティブ・スピーカーと対面で会話することになるが、Paper-basedでは手書きで答案を作成する一方、Computer-basedではパソコンを使用することになる。Computer-basedは試験日程の選択肢と答案返却までの日数において優れているが、2020年8月現在、試験会場が東京都内の3箇所に限られているという地理的な短所がある。また、大学院によっては、通常よりも料金の高いIELTS for UKVIという試験を受けることを要求する場合があるらしいので注意してほしい。

TOEFL・IETLSの受験体験談については以下の記事がおススメだ。
半年間でIELTSのスコア6.0から7.5まで伸ばしたお話
大学在学中にIELTS Overall 8.0を取得する方法(前編)
英語弱者が1年間でTOEFLのスコアを68から96まで上げた方法

それぞれの試験に関しては、以下のリンクで詳細を確認してほしい。

TOEFL (iBT) : 
https://www.ets.org/jp/toefl/test-takers/ibt/about

IELTS (Paper-based) :
https://www.eiken.or.jp/ielts/

IELTS (Computer-based) : 
https://www.britishcouncil.jp/exam/ielts/which-test/computer-delivered-ielts

IELTS for UKVI:
https://www.britishcouncil.jp/exam/ielts-uk-visa-immigration/about

GRE

 GRE(Graduate Record Examination)は主として北米の大学院受験において、スコア提出を求められる試験。実施形式はオンラインである。GREには、一般的な知識(英語と数学)を測るGeneral Testと、専門的な知識を問うSubject Testの2種類があるものの、ここでは多くの大学院がスコア提出を求める前者について解説する。

・3セクション構成

V: Verbal Reasoning(20分×2-3セット、各セット20問ほど、130-170点) 

Q: Quantitative Reasoning(35分×2-3セット、各セット20問、130-170点)

W: Analytical Writing(30分×2問、0.5-6.0点)

・点数について

 点数には二種類ある。第一に素点 (e.g. Verbal 150点) 、第二に受験者全体で下から数えたときの度数 (e.g. 45%)であり、大学院がよく参考にするのは後者である。素点と度数の対応関係は、その時の受験者全体に依存するので一概には言えない。しかし、こちらの記事(https://www.mbacrystalball.com/gre/gre-score-percentiles)を参考にすると、トップレベル大学がしばしば要求する、各セクションでの度数85%を取るためには、点数で

V:160/170 Q:163/170 W:4.5-5.0/6.0 

程度を取得する必要がある。

・試験の各セクションについて:大前提としてGREはネイティブ・スピーカーも受ける試験である。したがって、VerbalとWritingに求められる英語力は非常に高い。一方、Quantitativeについては高校数学までの知識で十分に太刀打ちできる。

V: リーディング問題と単語の穴埋め問題で構成されており、前者と後者の比重はおおむね1:2である。単語に関しては理不尽ともいえるレベルの問題がしばしば出題されるので、早い段階からGRE verbalに特化して語彙を学習しておくべきである。

Q: 計算問題、文章題、図形問題など幅広く出題される。難易度は高くないが、様々な数学用語を英語でなんというかは押さえておかなければいけない。この点は予想問題等を解くこと対応できるだろう。また数学をよく使う分野(多くの理系分野、経済学、計量社会学、計量政治学など)の受験生なら満点を狙いたいところ。

W: TOEFL iBTのIndependent Writingに非常によく似ている。ただ求められているレベル・ボリュームは少し高い印象。制限時間内に論理を組み立て、できるだけ簡潔に、かつ説得的に記述できるかが重要だろう。

・留意点

多くの受験生は、恐らくVとWとに苦戦するかと思うので、二点補足しておく。まず専門分野によっては、Qの点数を中心的に見る(またはQのみに点数の要求を課している)場合が多い。その場合、VやWができるに越したことはないが、そこまで気負う必要はない。第二に、選考プロセスにおいてGREはそこまで比重が大きくないことが多い。学修・研究に必要な基礎体力を問うという意味合いが強いので、Writing sampleや推薦状で高い研究能力(ポテンシャル)を証明できていれば、多少GREの点数が悪くても高確率で合格をもらえるように思う(体験談)。